いつの時代も女の子は難しいね

うちの娘は、男の子と遊ぶことの方が楽しかったようです。男勝り!という雰囲気でもありませんでしたが。同じマンションで2歳から遊んでいる子たちがたまたま男の子が多かったというだけです。幼稚園から小学校の低学年まではよかったのですが、やはり周りの女の子たちががやがや言い始めます。
セノッピーの効果と私の口コミ!取り扱いのある市販の店舗はどこ?

どうして男のことばかり遊ぶの?と。仕方なく女の子のグループに入りましたが違和感が大きく、どうして女は悪口ばっかり言うのとか、いつでも一緒でなくちゃいけないの?やっぱり男の方がらくなんだけど、となりました。私は母親として、居心地のいいところにいたらいいじゃないと言っていましたが、その後、いじめにあいました。

娘には女の事情がわかりませんでした。いつの間にかちょっと空気が読めない女の子になっていたのかもしれませんが、最初はグループに所属できてもいつの間にかポツンと外されていることが多くなりました。そこから彼女なりに必死にグループに存在し続ける方法を考えていたようですが、私としては「ひとりでもいいじゃない」と言ってしまっていました。

女はとことん面倒くさいんだよ、大人になってもだよと。でも「ひとりは嫌なの」と努力していました。女はいくつになってもというか、幼いころからすでに嫉妬にやられ、同化に慣れています。もっともっと自由でいいんだよ、同じでなくていいんだよと育てればよかったのかなと思います。