ぬいぐるみは今ここに

ある男からもらったぬいぐるみが、なんとなく捨てられないでいた。

それは私が高校生2年生の時に付き合っていた人が、修学旅行のおみやげだと言ってくれたものだった。ぬいぐるみがあまり好きではない私は、当時は正直いらないと思っていた。しかし、テーマパークの売店で、同級生にからかわれながらも一生懸命おみやげを選んだ彼の姿を想像すると、突き返す訳にもいかず、受け取ってなんとなく学習机に飾っていた。

料理教室に出会い目的で行っても大丈夫?婚活中の男女に人気って本当?

それから時はながれ、大学受験に集中したいからと、彼に別れを告げた。彼はそれを了承した。お互い志望大学やその後については聞かなかった。ただ、彼を嫌いで別れたわけではなかったので、ぬいぐるみは相変わらず学習机に飾っていた。そのため受験勉強しようと机につくたび、ぬいぐるみが目に入り、私は彼の頑張っている姿を想像して励みにしていた。

勉強に集中したいと別れを切り出したわりに、私は志望していた地元の大学に落ちた。そして、なんとか滑り止めにしていた県外の大学に合格していたので、そっちに行くことになった。私はあのぬいぐるみをおいて、家を出た。その間、彼とも何度か連絡をとってはいたが、友達のような関係でいた。そして、私にはで新しく彼氏ができたが、実家にあるぬいぐるみはなんとなく捨てられないでそのままにしていた。

大学でできた彼氏と別れ、母校に教育実習に行くために私は久々に実家に戻った。すると、学習机にまだぬいぐるみがあった。懐かしくなって、私は彼に連絡をしてみた。彼はぬいぐるみのことを覚えていたようで、通話先で照れている様子だった。

今、そのぬいぐるみは実家から私の住む家に移されている。そして、彼と私の娘のおもちゃになったのだった。