ダイエットはなぜ続かないのか

 ダイエットをどのように行えばいいのかという、具体的な技術や様々なダイエット理論は巷にあふれています。糖質制限であったり、脂質制限であったり、痩せる運動であったり・・・。しかし問題なのは、これらすべてがほとんどの人にとって「続かない」という現実です。この記事はそんな「続かない」人たちに向けた、心理的側面からのアプローチになります。

 どんなダイエットの方法論よりもこちらの方が重要です。どんなダイエットをするにしても続けることが一番難しいのではないでしょうか。極論を言えばダイエットなんてものは消費カロリーを増やし摂取カロリーを減らせば成功します。そしてそんな簡単なことは誰でもわかっているのです。ではなぜ続かないのか。これには心のメカニズムが関係しています。そのメカニズムさえ知っていれば、ダイエットは世界一簡単な自己実現となるでしょう。

痩せている人は痩せているから痩せている。

 さて、具体的内容に踏み込んで説明する前に思い出してほしいのですが、皆さんの周りに大してダイエットをしているわけでもないのにずっと痩せている人っていませんか?1人や2人思い当たると思います。この人達が痩せている理由にこそヒントがあります。この人達が痩せている理由はずばり「痩せているから」です。え?意味がわからないって?大丈夫です。ちゃんと説明します。

悪い評判は本当?キュリーナを購入して3ヶ月履いてみた効果と口コミ!

 人間の心には現状を維持しようとする力があります。例えば暗闇では生体反応として瞳孔が開き多くの光を吸収し、しっかり見えるように調整しますよね?医学用語としてこれは恒常性維持機能(ホメオスタシス)と言います。この恒常性維持機能は生体反応だけでなく人間の行動にすら影響するのです。これは無意識下に起こるため、便利でもあり不便でもあります。

 例えば、ダイエットをしていて体重がせっかく落ちてきたのに甘いもの食べてしまうことありませんか?これは「太っている自分」が当たり前になってしまい、「痩せてきた自分」に対し、恒常性を維持しようとした結果なのです。つまり意識はどうであれ無意識下では「太っている自分」が安心なのです。ダイエットにおいてこれはリバウンドの原因にもなります。急激に痩せた人ほど痩せている自分が不安になり、リバウンドして太っている自分に戻してしまうのです。この恒常性維持機能をどう攻略するのかがダイエット成功の秘訣になります。

恒常性維持機能の攻略

 多くの人が間違いがちな方法に最初から一生懸命ダイエットをしてしまうというのがあります。急激に変化すると当然その分心も不安になり、恒常性を維持する力が働いてしまいます。

 そもそも最初の一歩というのは一番心にエネルギーがいるのです。例えば職場や学校の初日って特に何もしていないのにすごく疲れませんでしたか?そのあと徐々に慣れてきてその場にいるのが当たり前になってくるとどんどん楽になってくるはずです。バイトを最初の1ヶ月やひどい時は1日でやめてしまう人って多いですよね。これも最初に使うエネルギーが大きいからに他なりません。ですから、仕事や学校では初日に特に何もしないのです。それから簡単なことをし少しずつ慣れてきたら、難しいことをしていくという流れが一般的です。

 それなのにことダイエットに関しては、最初から強い食事制限をし運動をしてしまう人がほとんどなのです。こんな方法では無意識がついてくるはずがありません。自分の無意識を敵にまわして何を成功できるのでしょう。逆に言えば、無意識に痩せている自分が当たり前だと思わせさえすればダイエットなんで誰でも成功するのです。そのためには先ほども言った通り、急激なダイエットは禁物です。

最初は一番エネルギーを使うのだから、出来るだけゆっくり始めましょう。体重を減らす目標もいきなり5キロなどとは思わず、500グラムや太り続けてる人は体重のキープから始めるくらいでちょうどいいのです。ほんの小さな努力で達成できる目標をたてそれを達成することが大事です。目標を達成するのが当たり前だと無意識に思わせるのです。どんな小さな変化でも痩せていっている自分が当たり前にしていくのです。これをしっかり行えばある時急に体重が落ちます。だって痩せるのが当たり前なんですから。自転車だって最初の漕ぎ出しはいっぱい力がいるし、なかなか進まないでしょう?

だけどある時急に力をかけずにたくさん進むようになるはずです。それと同じだと思ってください。理想的な体重の落ち方は一定量ずつ直線的に落ちるのではなく、最初はあまり落ちずに急に大きく落ちる曲線的な落ち方なのです。大事なことなのでここでも繰り返しますが「最初は出来るだけゆっくり丁寧に」です。それさえ守れば無意識はあなたの味方をしほっておいても痩せていくのが当たり前になっていくでしょう。

痩せているのが当たり前

 最後にもう一点、至極「当たり前」の話をします。

 人間というのは苦しい方と楽な方だと楽な方がいいですよね?損な方と得な方だったら得な方がいいですよね?それが当たり前です。ところで、ダイエットの目的はほとそれぞれだと思います。モテたい人健康的になりたい人様々です。でもそれって、自分がそちらの方がより良いからダイエットするんですよね?そりゃモテないよりモテた方が良いに決まってますし、太って不健康より痩せてて健康な方が身体が楽です。ということは、痩せるのが当たり前じゃないですか?

 太っててモテなくて不健康な状態と、痩せててモテて健康的な状態、どっちが良いんですか?どっちが得なんですか?どっちが楽なんですか?どっちが当たり前なんですか?その答えは賢明な皆様ならもうおわかりかと思います。